30代!これから先も笑ってこう!

30代の皆様へ!副業で安定収入を確立しましょう。楽しみながら・誰でもできるものを厳選!その他、ペットや国内旅行、趣味の話なども。

かわいいモルモットを飼ってから、なつくまでの方法

time 2017/05/13

かわいいモルモットを飼ってから、なつくまでの方法

以前の記事で、かわいいモルモットの飼い方をお伝えしました。

なつく&もふもふできる!かわいいモルモットの飼い方

モルモットを飼うのは、少しハードルが高いのですが、飼ったらすっごい癒されます!

慣れてくれると、抱っこして、もふもふし放題ですし、中には手をペロペロなめてくれる子までいました!萌え死ぬかと思いました(笑)

そんなモルモットさんを飼ったら、当然仲良くしたいですよね?

今回はその方法をお伝えしていきます。

sponsored link

モルモットを選ぶポイント

モルモットは基本的に臆病で怖がりな動物です。

仲良くなれるかは、モルモットさんを家に迎える段階で、どの子を選ぶかがポイントになってきます。

若い子を選ぶ

ペットショップで売られる期間が長いほど、人に対する嫌な感情を持ってしまうモルさんが多いようです。

また、小さいときから接していると、お迎えしてから「この人いい人だ!」と思ってもらいやすく、その後ずっと安心してくれます。

ショップで売られている子は生年月日を確認してからお迎えするようにしてくださいね。里親さんからもらう場合でも、必ず持ち主から確認しましょう。

生後1~2ヶ月のモルさんがおすすめです。

性格を見る

なるべく選ぶ前に、実際にモルさんを触らせてもらいましょう。

中には人の手を嫌がって、命がけで狭いケージの中を逃げ回る子もいます。

このような子は慣れたとしても時間がかかるでしょうし、すぐには慣れないことが予想されます。

あまりいませんが、手の平に乗せたり抱っこしたりしてもじっとしているような子は、人に慣れてくれやすいでしょう。

健康状態

なつくなつかないには関係ないですが、モルさんは病気の多い動物です。

特に里親さんから迎える場合は、必ず健康状態は確認しておいてください。

いよいよ仲良くなる!

さて、仲良くなれそうなモルさんを家にお迎えしたら、いよいよスキンシップ開始・・・とはなりません!

最初はそっとしておく

お迎えしたばかりのモルさんは、周りを非常に警戒しています。

自分はどこに来たのか?安全な場所なのか?分からないことだらけの状態です。

そんなときに、巨大な手がぬっと出てきて自分を掴んできたら・・・そりゃあ逃げますよね(笑)

僕がお迎えしたときはそんなことは知らず、ひたすら追いかけ回していました。よく懐いてくれたもんだ・・・(汗)

お迎えして数日から1週間は、モルさんは自分の小屋から出てこないでしょう。しかしそのままそっとしておいて下さい。

餌と水を変える以外は放置して、普段通り生活します。

環境に慣れてきたら

モルさんが環境に慣れてきたら、ガサガサとケージの中を動き回ったり、小屋の外で毛づくろいを始めたりします。

そうなってきたら、少しずつスキンシップをとっていきます。

まずはケージの隙間から、自分の手で野菜スティックなど、モルさんの大好物をあげてみます。他の動物と同じで、おいしい餌をくれる人にモルさんはなついてくれます。

最初は警戒してなかなか食べないかもしれませんが、何度かやっているうちに慣れてくれます。

ケージの外から食べるようになったら、次はケージの中に手を入れてあげてみます。これもすぐには警戒して食べないかもしれませんが、慣れです。

この辺りから、モルさんの名前を呼びながらあげていくようにしましょう。自分の名前を覚えてくれるかもしれません。

少しずつ触ってみる

ケージに手を入れても怖がらなくなったら、いよいよスキンシップを始めていきます。

モルさんを部屋の中に出してあげて、大好物を持ちながら、モルさんが寄ってくるのを待ちます。

いきなり抱っこしようとせず、まずは餌を食べている間に少し頭から背中辺りを、毛並みにそって優しく撫でてみてください。

モルさんがビクッとして警戒したり、歯をカチカチ鳴らすような威嚇をしたらまだ怖がっているときです。少し様子をうかがうようにしてください。

撫でるのに慣れてきたら、次は膝に乗せてみましょう。餌で誘導してもいいです。

ここまで慣れてきたら、安心し始めた証拠。初めて抱っこに進んでみましょう!

抱っこの仕方

抱っこはやり方を間違えると、モルさんに恐怖心を与えてしまいます。結構大事なポイントなんですが、この記事を書くに当たって他のサイトを調べたら、あまり紹介されていなくて驚きでした。

正しいやり方で抱っこしてあげてくださいね。

モルさんは自分の手足が地面についていないと不安になります。

モルさんのお腹に手の平を入れて抱き上げたら、すぐにそのままの状態で、自分の腕を平行にしてモルさんの手足を乗せてください。

そして落ちないように、もう片方の腕でモルさんの体をガードします。

モルさんの足がどこにもついていないと、モルさんは足をバタつかせて何とか逃げようとします。また、モルさんを仰向けにしてはいけません。自然界でそんな状態になることはないからです。

まずは体勢を安定させて、安心させてあげてください。

この状態でモルさんが落ち着くのを待ちます。しばらくは「なんじゃこりゃ!?」とあせっているかもしれませんので、しばらくじっとしていましょう。

落ち着いてきたら、少しずつ背中を撫でてあげます。

モルさんが気持ちよくなってくると、「キュイキュイ」と小さく鳴き声を上げることもあります。この瞬間がめちゃかわいいんです!喜んでいる証拠なんです。

こんな声ですので、動画で紹介しますね。

めっちゃかわいいですよね!

もしこの状態に慣れずに下りたがっていたら、降ろしてあげます。時間を置いて再チャレンジしましょう。

何度も連続でやるとモルさんのストレスになってしまいます。

抱っこ以外のスキンシップ

うちで飼っていたモルさんは、室内に放していると楽しそうにキュイキュイ鳴きながら走り回っていました。

そして寝っ転がっている僕がモルさんを捕まえると、喉の下に入ってきて、そこでじっとしていました。

モルさんは狭い空間も好きなので、飼い主の体で狭い空間というと首の下!と判断したようです。しばらくたたずむと、また走り出していました(笑)

モルさんと触れ合う時間

モルさんは基本的に夜行性なので、朝は機嫌が良くないです。

スキンシップするなら夕方から夜にかけてがいいでしょう。

時間は、慣れていないうちはモルさんのストレスになってしまうので、5分から10分程度。

完全に慣れても、長くて1時間くらいにしておきましょう。

まとめ

いかがでしょうか?

モルさんをお迎えしようか検討している方の参考になれば嬉しいです。

もしモルさんを事情で飼えないという方でも、モルさんと触れ合える場所もあります!

他の記事で紹介していきますね!


こちらの記事もおすすめです!

なつく&もふもふできる!かわいいモルモットの飼い方

 動物は最高の癒しです。

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

川口進

川口進

文章が好きで、仕事しながら電子書籍作家・ブロガーとして活動中。脚本で受賞歴あり。
とりあえず毎日カレーが食えれば幸せです。 [詳細]

販売中書籍


社会人サークルを活用して、「大人のリア充」を!
Amazon Kindleで発売中!



sponsored link