30代!これから先も笑ってこう!

30代の皆様へ!副業で安定収入を確立しましょう。楽しみながら・誰でもできるものを厳選!その他、ペットや国内旅行、趣味の話なども。

出張の多いサラリーマン必見!おすすめのホテルは?

time 2017/04/15

出張の多いサラリーマン必見!おすすめのホテルは?

こんにちわ。今新幹線の中でこの記事を書いています。新幹線で片道4時間の遠距離出張。なかなかに疲れます。。。

宿泊が多い出張をする方は、ホテルに困ったことがあることも多いんじゃないでしょうか?
すでにご存じだと思いますが、博多や大阪などの観光地でもある大都市は、近年外国人観光客が爆発的に増えているため、ホテルの空き室がほとんどありません。

まぁ男ならカプセルでも・・・と思っていても、カプセルすらも予約できないこともあります。

どちらにしろ、僕はカプセルでは深く眠れないし、疲れが取れません。
早めに予約するといっても、急な出張もあるはず。

皆さんはどんな対策を取られていますか?

僕はずっと楽天トラベルでホテルの予約をしていましたが、それでは空き室が見つからず、しぶしぶ目的地から30分くらい離れた場所のホテルを予約することもありました。

しかし!ある一つののホテルしか使わないと決めた後ホテル探しに難航することはなくなりました。まさに救世主のようなホテルです。

それは東横INです!

・・・結論がありきたりでガックリされた方もいらっしゃるかもしれないですね(笑)出張経験者の方なら、どこかの東横INには泊まったこともあるでしょう。

でも会員になると、他のホテルとは比べものにならないくらい様々な特典があることはご存じですか?

僕もずっと知らなかったのですが、それを知ってからはずっと東横INを利用するようになりました。
これから、その特典を紹介していきます。

先に断っておきますが、僕は東横の回し者ではありません。ですので、特典の他にデメリットものちほど紹介します(笑)

これらを踏まえてホテル選びの選択肢の中に、東横INを加えてもらえればありがたいです。

 

sponsored link

1.会員が泊まりやすいシステム!

楽天トラベルなどの予約サイトでは検索にヒットしなくても、東横INのホームページから空き室検索をかけると、まだ予約できる部屋があるということがあります。会員の人が泊まれるように、非会員に向けての空き室情報と区別しているそうです。

今まで博多に泊まろうとすると、下手したら3ヶ月前でも空き室が見つからない場合もありました。しかし東横INなら、3ヶ月くらいなら見つかることも多いです。場合によっては一ヶ月くらい前でも泊まれたこともありました。

会員になると、優先的に宿泊しやすい環境になるのが、まず一番のメリットです。

2.商品券がもらえる!

予約しやすいというだけで利用を始めた東横INですが、調べると他にも特典がたくさんありました。
まずは、商品券がもらえるという点です。

たとえば、職場の規定で宿泊費用の上限が決められていると思います。仮にその上限が1万円としましょう。東横INの一泊の値段が7000円だとすると、差額の3000円分の商品券がもらえるんです!

つまり宿泊費用+商品券の金額が、領収書に記載される宿泊費の一万円となるわけです。

会社に領収書を出す際には単なる宿泊費となりますから、商品券はこちらで頂けるということになります。
会社の経理担当の方みはお見せし辛い記事ですが、私たち実際に出張する者にとっては嬉しい特典ですよね!

3.宿泊10回につき1泊無料になる!

会員にはポイントがあり、一回の宿泊で1ポイントになります。

それが10ポイント溜まると、なんと宿泊が1泊無料に!

プライベートの旅行でもポイントを使えるから便利ですよね。宿泊費無料で計画を立てることができます。

4.朝食が無料!

安いビジネスホテルでは朝食がつかないところもありますが、東横INは全てのホテルで朝食が無料で食べられます。少しでも節約したいサラリーマンにとっては嬉しいサービス。

さすがに手の込んだ朝食ではなく、おにぎりやパンの主食とサラダ、漬け物、味噌汁程度ですが、朝食としては十分ですよね。

バイキング形式なので、食べ放題です。あえて遅い時間に食べて昼食代も浮かせたこともあります。(笑)

その他の特典

他にも特典はいくつかあります。

15時からチェックインできるアーリーチェックインなどのサービスですが、僕が感じている東横INの魅力は上記4つです。
フロントの対応もしっかりしています。

予約に困らず、商品券をもらうことができ、朝食付き。これだけ揃えば他のホテルに泊まることはできなくなりそう・・・ですが、やはり「ここはうーん」と感じるも多々あります。

次にデメリットも紹介していきますね。

1.朝食会場が混む!

朝食の会場は、どのホテルも1階のロビーですが、座席が十分ではありません。

最近はどのホテルも満室のことが多く、朝食会場にも大勢の宿泊客が来るのですが、席が空かずにしばらく待つこともあります。

また、4人がけの席しかなく、そこへ座ると見ず知らずのグループが来て相席になることも・・・

気まずいこと限りなしです。

そんな経験があってから、東横に泊まるときは朝食の時間をチェックして、早いうちに行くようにしました。7時頃ならまだあまりいないので、ストレスなく済ますことができます。

2.エレベータに乗れない!

東横はだいたいのホテルが15階くらいの建物になっていて、2階から上が全て客室です。それぞれの階に最低10室以上、平均で15部屋くらいはあるでしょう。

そして、満室かそれに近いことも珍しくあはりません。平均で15人×14階=210人程度は宿泊しています。

すると起こるのがエレベータの渋滞です。。。

エレベータが2台設置されているホテルならまだいいですが、1台しかないホテルで2階や3階だった場合が悲惨。

チェックアウトの時間は、上の階から下りてくる宿泊客で常にエレベータは満員状態です。階段も使えず、3回見送ったことがありました。

多くのホテルで2台ついているのであまり心配はしなくていいかもしれませんが、1台しかないところだったらチェックアウトは時間に余裕を見た方がいいかもしれません。

まとめ

以上、東横INについて、いいところと悪いところを紹介しました。

総合的に見て、デメリットはありますがやはりおすすめです。出張や旅行のときの参考にしてくださいね!


こちらの記事もおすすめです!

できるビジネスマンがこだわるべき「3種の神器」とは?

年間40回以上出張する僕が、出張の便利グッズを紹介します!

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

川口進

川口進

文章が好きで、仕事しながら電子書籍作家・ブロガーとして活動中。脚本で受賞歴あり。
とりあえず毎日カレーが食えれば幸せです。 [詳細]

販売中書籍


社会人サークルを活用して、「大人のリア充」を!
Amazon Kindleで発売中!



sponsored link