30代!これから先も笑ってこう!

30代サラリーマンが、おすすめの副業(サイドビジネス)を紹介します。楽しみながら・誰でもできるものを厳選!趣味とか動物の話なども。

プロフィール

プロフィール

sponsored link

将来あなたは笑っていますか?

老後の夫婦に必要な生活資金:6000万円

老後の予想年金:毎月15万円

私たちはこんな時代を生きています。

私たちは将来、今と同じように笑っていられるでしょうか?


川口進プロフィール

初めまして!ご訪問ありがとうございます。

このページでは、僕の自己紹介をさせて頂きます。

年齢:34歳

出身地:神奈川県川崎市

現住所:大阪府大阪市

趣味:映画鑑賞、ゲーム、プチ旅行

特技:文章


至って普通の学生時代

 

高校時代にはバンドを組んでドラムを担当。

釣りや登山などもよく友達と行っていました。

中学までは成績が良かったものの、高校に進学してからは勉強にやる気が起きなくなり、クラス順位40人中39位となりましたが、へこたれることなく卒業。

その後専門学校に進学し、就職。

コミュ力が弱いために恋愛は下手で友達は多くないなど、どちらかと言うと明るくない青春時代でしたが、至って普通でした。

就職先はブラック企業。わずか3ヶ月で退職・・・

社会の厳しさを教わるのは、社会に出てすぐ。

僕が就職したのは、かなりガテン系の会社で、パワハラは当然でした。「訴えてやる!」などど言う社員がいたとしたら、空気が読めないかわいそうな人扱いです。

初任給は手取り15万円。

休日は月に4日あればいい方。

先輩は仕事を教えてくれない。

始発出勤・終電帰りが1週間続くことも。

もう10年以上前の話なのでさすがに今は改善されているとは思いますが、なかなかにブラックなところに就職したものでした。

学生上がりの僕にしては頑張ったのではないでしょうか。しかし、3ヶ月が限度でした。

家族からは猛反対されます。

「最低3年は頑張りな!」

電通の過労自殺が取りざたされるようになった今、同じことが言えるでしょうか?

退職を決断。すぐにフリーダーになりました。

このとき感じたことは、学校では面接対策以外、社会に必要なことを何一つ教えてくれないということ。

上司に酒を勧められたら断らないなど、社会の暗黙のルールはたくさんあります。しかし僕の環境では、現場で怒鳴られ、蹴飛ばされながら学んでいくしかなかったわけです。

これは今にも当てはまると思います。大きな社会の欠陥であると思います。

3年で4回の転職。社会に適応できない自分・・・

当時、実家を出て一人暮らしを始めたばかりだったので、金銭的余裕は何もありません。

すぐさまバイトを始め、夜間の施設警備とラーメン他の掛け持ちを始めました。ぶっちゃけ、手取りは正社員時代よりも高くなり、休みも取りやすくなります。

女の子とも遊べる。病気をしたら休める。

卒業後、初めて楽しいと思える日々を過ごすことができました。

しかし将来を考えると、やはりこのままでいいのか?という思いにかられるようになりました。

考えた挙句、2年ほどでフリーター生活から抜け出し、営業職として就職。

しかしこのとき就職した会社でも、上司が仕事を教えてくれず自分でも学び方が分からないなど、まだ社会の厳しさに対応することができない若造のままでした。

お陰で、せっかく就職した会社も1年ほどで退職。

その後も営業の会社を転々とし、3年の間で4回も転職を繰り返しました。

社会にうまく適応できない自分がいる。強くそう感じていました。

どん底の評価から中間管理職へ

今の職場に入っても、最初はうまくいきませんでした。物覚えの悪さとコミュ力のなさがたたり、上司からもお客からも叱責の毎日。休日でも休んだ気がしない・・・

しかし、今までとは違う意識を持っている自分もいました。

この職場だけは、背水の陣のつもりで、絶対に辞めない!という意志を持てるようになったのです。

それは年齢的な理由もありましたが、ここでもだめならどこへ行ってもだめだろうと思ったんです。

そのお陰で、評価はしばらくどん底だったと思いますが、みるみるうちにあがっていきました。仕事を覚えるための工夫を考えて行ったことに加えて、周囲の人間関係の修復にも努めていったのです。

・個人的に悪感情を持たれていたお局的な先輩には、あえて相談を持ちかけるようにして仲良くなる。

・「もう二度と口を利かない」と言われたお客に対しては、平身低頭誠意を見せて、「かわいい奴」と思ってもらえるようになる。

・意見が合わない上司に対しては、あえて自分の意見を出さず、全て従うことで時間をかけて信頼を得て、その後意見を言えるようになる。

今ではこのような気遣いが功を奏し、中間管理職的な立場になることができました。

社会に適応できずに嘆いていた時代から10年以上。やっと周囲が認めてくれるようになったのです。

このことを通して、人は良い方向へ変われるものだということを痛感します。

僕と同じように、周囲から認められない・思うように仕事ができるようにならないと悩んでいる方がいらっしゃるのであれば、声を大にして伝えたいです。

次に感じたのは老後の不安

そして今30代半ばになりました。この年になって見えてくるのは、将来の不安です。

転職を繰り返したお陰で、昇給や昇進もなく、同じ年代の平均年収から比べればはるかに下です。

普通のサラリーマンの場合、すぐにポンポン昇給していったりはしません。

貯金も、30過ぎてる壮年が100万もありませんでした。

社会情勢から見て、年金や社会保障も期待できません。

老後までの将来を考えたとき、不安しかありませんでした。

自分の身は自分で守るしかない。

そこで考え始めたのが副業という選択肢です。

副業は誰でもできる!

副業と言うと、ハードルが高いと感じる方も多いかもしれませんが、実際始めてみるとそんなことはありませんでした。

自分の得意とすること、好きなことで収入に変えることができ、さらに時間も好きなときだけでOK。そんなストレスフリーな副業がたくさんあります。

自分の得意なことで社会に役立つことができ、見返りに収入も得られる。それが副業です。

僕の場合は、文章が大好きなので、このご覧頂いているブログの構築自体が副業になっています。

そのほかに電子書籍執筆や小説を書くなど、気がつけば夢中になって打ち込めることで収入につなげることがたくさんありました。

ご覧頂いているあなたにも、得意なことで収入にすることができるはずです!

良かったらこの記事から、あなたの武器を探しあててみてください^^

30代を楽しもう!

このブログを始めたキッカケは、副業に関する情報を仕入れて発信するためでした。

しかし色々な記事を書いているうちに、30代を楽しまないのはもったいない!と感じるようになりました。

30代は人生の分岐点です。

今後笑っていられるかを左右する時期ですが、経済的にも身体的にも余裕ができる、楽しい時期です。

この時期をどうやって楽しむべきか!そのためのお役立ち情報も発信したいと思うようになりました。

生活お役立ち情報

しかし、同年代の方だけでなく、色々な年代の方にもご覧頂きたいと思っています。

20代の方であれば将来のためですが、40代以上の方であれば何か30代の若造にアドバイスを頂ければありがたく思います。

本当の意味でのリア充を求めて、情報交換していきましょう!

最後までお読み頂き、ありがとうございました^^

2017年4月 川口進 拝

 

sponsored link

川口進

川口進

川口進プロフィール

こんにちわ!川口進です。
会社員のかたわらブロガーとしても活動中。30代を楽しく、不安なく生きるために、副業や生活の役立つ情報を配信していきます。

●出 身:神奈川県
●現住所:大阪府大阪市
●特技:文章
 電子書籍を販売中!
●好き:歴史・ラーメン・ゲーム
●趣味:映画・旅行
●ペット:セキセイインコ

販売中書籍


社会人サークルを活用して、「大人のリア充」を!
Amazon Kindleで発売中!

検索



sponsored link