30代!これから先も笑ってこう!

30代の皆様へ!副業で安定収入を確立しましょう。楽しみながら・誰でもできるものを厳選!その他、ペットや国内旅行、趣味の話なども。

週刊少年ジャンプ16号 ネタバレと感想

time 2017/03/18

来週のジャンプは、月曜が祝日のため今日発売でしたね!早めに読めるとは、少し得した気分です♪←一応30代半ば(笑)

今週のジャンプは、ギャグが入っているマンが多くておもしろかったですね!
「ブラッククローバー」は、黒の暴牛の先輩方が、キャラ崩壊した成長してるのが受けました(笑)
「食戟のソーマ」は、紀ノ国とソーマの何となく気まずい空気に笑ってしまいました。

そんな今週のジャンプの中でも、特筆したい2作品はこれです!

sponsored link

新連載第六弾・「ロボレーザービーム」は、ずば抜けておもしろい!

さすが!の一言です!新連載シリーズ第6弾の「ロボレーザービーム」。
作者が「黒子のバスケ」の藤巻忠俊先生だから、はずれる訳がない。
第一話から読んでいる方も熱くなれて、次回以降が楽しみになる。

少年マンガの第一話の理想形のような気がします。
このマンガは、ゴルフのマンガですが、全くルールのわからない僕でも楽しめます。

第一話で登場するライバルの三浦鷹山。彼のすごさがゴルフ知らない割に何となくわかるんですが、その彼がド素人の主人公・鳩原の正確なショットをたまたま見て、ド肝を抜かれています。三浦と鳩原がどう絡んでくるのか想像すると楽しみですね!
予想としては、「ヒカルの碁」の進藤と塔矢のようになるのでしょうか?
ヒカ碁では、最初はムキになって塔矢が進藤を追いかけていましたが、途中で進藤の実力に失望し、今度は進藤が塔矢を追う展開になりました。
これを当てはめると、始めに三浦が鳩原の正確なショットの連発に負けてしまうが、公式戦では鳩原の実力は全く発揮されずに、三浦は失望して彼をライバル視するのをやめる。しかし逆に鳩原はそれが悔しくて、三浦を追いかけ始める。
そんな展開になったらおもしろいな〜と個人的には思います。
いずれにしても、次回以降の展開が楽しみです。

葛藤が伝わりやすくなった「ぼくたちは勉強ができない」

最近おもしろいと感じるようになってきたのは、これです。
最初の入り方としては、個人的にあまり好きではない入り方でした。
オールマイティに勉強ができる主人公・成幸。彼が、ひょうんなことに二人の美女の教育係になる。一人は理系の天才なのに文系に進学したい緒方、一人は文系の天才なのに理系に進学したい古橋。この二人に勉強を教えていくラブコメのようでした。
よくある主人公が美女に挟まれてかってにドキドキしていくだけの展開かな〜と思っていました。

しかし、スポーツが取り柄の武元が現れたことによって、物語が深くなった気がします。

古橋と緒方は、気持ちを読ませないのですが、武元は主人公と同じような目線で、彼女の本心の葛藤とともに話を進めています。さらに、成幸の幼なじみで彼を好いていることまで公言しています(読者に、ですが笑)。

彼女が話に介入することで、主人公目線では分かり辛かった成幸自身の魅力がうまく表現できるようになった気がします。ここがほかのラブコメと違うところで、主人公自身の魅力や純粋な葛藤を感じられるのが読んでいておもしろくなりました。

成幸も勉強ができなくて辛い時期もあり、それを乗り越えての今があるということ、武元も水泳をしていますが最初は結が出なくて辛かったという過去が描かれています。これがあるから、読者としてはこの二人に思い入れが強くなります。

緒方と古橋の過去も、わずかしか描かれていませんが、そのうち丁寧に紹介するときが来るんでしょうね。二人にも親近感がもてるようになってきたので、その過去も楽しみにしたいです。

緒方がカナヅチだったのはツボってしまいました(笑)武元のプレゼントもおもろいですね。

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

川口進

川口進

文章が好きで、仕事しながら電子書籍作家・ブロガーとして活動中。脚本で受賞歴あり。
とりあえず毎日カレーが食えれば幸せです。 [詳細]

販売中書籍


社会人サークルを活用して、「大人のリア充」を!
Amazon Kindleで発売中!



sponsored link