30代!これから先も笑ってこう!

30代の皆様へ!副業で安定収入を確立しましょう。楽しみながら・誰でもできるものを厳選!その他、ペットや国内旅行、趣味の話なども。

春到来!京都の桜を見ることができる観光地を、開花予想とともに紹介!

time 2017/03/22

春到来!京都の桜を見ることができる観光地を、開花予想とともに紹介!

昨日、早くも東京で桜の開花宣言が発表されましたね!全国で一番早かったそうです。

まだ先かな~と思っていましたが、これからどんどん桜の季節に入っていきますね。

今回は、全国でも桜をきれいに見ることができる観光地・京都から、おすすめのスポットを紹介します!

さすが古都。歴史ある建築物や風景と桜が見事にマッチしていて、本当に日本人の心を感動させてくれます。

昨年実際に回りましたので、その画像も一緒にご覧くださいね♪

sponsored link

嵐山・渡月橋

紅葉のイメージが強い嵐山ですが、桜の時期も見ごたえ抜群です!

嵐山の桜は、奈良時代に吉野の桜を移植してから始まっているらしく、1000年以上の歴史があります。今ではヤマザクラやソメイヨシノなど、1500本もの桜があるそうです。

では、その景色をどうぞ!

この画像は、阪急嵐山駅から徒歩で渡月橋へ向かう途中にある、中之島公園の桜です。

のんびりした広場になっていて、レジャーシートがあれば満開の桜の下で花見ができます♪

僕が行ったのは平日でしたので、かなり空いてました。土日は混むと思いますので、行ける方は平日が狙い目ですよ!

そしてこれが渡月橋から撮った桜です!スマホで撮影したのですが、きれいさが伝わりますでしょうか??

渡月橋の周辺には、気軽に買ってすぐに食べられるお花見グッズがあるので、ビールと一緒に食べると格別です♪

一人で行きましたが、満喫できました。

また、嵐電の嵐山駅には、なんとホームに足湯があります!

この時期は混雑しているかもしれませんが、少しホッコリできるポイントです。一人ではさすがに入り辛かったですが、お二人以上で訪れる方はぜひ。

平安神宮

地下鉄東山駅から徒歩10分のところにあるのが平安神宮。

ここも桜の名所で、300本の桜を見ることができます。

有名なのはベニシダレザクラ。ソメイヨシノの豪華絢爛という雰囲気とはまた違った、しっとりした感じのきれいさがあります。

桜を見ることができる庭園は拝観料が600円かかりますが、その価値は十分あり!桜だけではなく、日本庭園も素晴らしいところです。

 

4月6日(木)~9日(日)にかけて、平安神宮 紅しだれコンサートが開催されます。この期間はライトアップされ、夜桜を楽しむこともできるそうです。

それ以外の日の拝観時間は8:30~18:00(最終入場17:30)です。

平安神宮公式ホームページ

哲学の道

京都駅から市バス100号系統で「銀閣寺前」へ。東山銀閣のすぐ前にあるのが、この哲学の道です。

「日本の道100選」に選ばれた道だそうです。名前の由来は、京都大学の名誉教授であり、哲学者の西田幾多郎さんという方が物思いにふけりながら歩いたことだとか。

細い水路の沿道に桜が咲いているのですが、頭上のすぐ近くまで迫っています。まるで桜のドームのようになっていて、ロマンチックな雰囲気になっています。道端にはベンチもあるので、のんびり座って眺めることもできます。

 


ご紹介した3箇所は、1日でも十分回れる範囲にあります。ゆっくりのんびりしたかったら2ヶ所でもいいかもしれませんね。

気になる開花予想は?

今年の京都の桜の開花予想日は、4月1日。

満開予想は4月10日だそうです。

しかし東京がもう昨日発表されているので、もう少し早まるのかもしれませんね。

最新情報は、コチラでチェックしてみてください!

花見にあると便利なアイテム

今年はお花見に行く予定はありますか??

意外に雑な準備をしてしまいがちなお花見ですが、あれがない!これがない!とその場が台無しにならないように、ある程度しっかり準備していきましょう。

お花見必須アイテムを挙げておきますね。

・レジャーシート(大きめ)

・お弁当

・飲料

・紙コップ、割り箸、スプーンなど

・新聞紙(荷物を置く)

・ティッシュ、ウエットティッシュ

・ゴミ袋

・ランタンor懐中電灯

・虫除けスプレー

簡易的なものは100均で全部揃いますが、以下に必須ではないけどあると便利なグッズも紹介します!

サーマルバッグ

保冷材を入れておけば、飲料を冷えた状態で持ち運びできます。

クーラーボックスでは重いしかさばりますが、これなら折りたたみもできて便利です。

おもしろサイコロ

何が出るかな?何が出るかな?のサイコロです。サイコロを転がして、出た目の話をしてもらいます。

小さいので荷物になりません。

お酒が回ってきたら、これを使って盛り上げましょう!

どこでもイース+どこでもお花見4人席

持ち運びできるイスと机です。ダンボールですが、強度もなかなかのもの。

気軽に持ち運びできて便利です。

まとめ

今年も気持ちのいい季節がきますね!

一年にわずか10日くらいの桜の季節、楽しみたいものですね♪


こちらの記事もおすすめです!

関西発!青春18切符で桜を見に行こう!

岡山への日帰り旅行!おすすめの場所を紹介します

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

川口進

川口進

文章が好きで、仕事しながら電子書籍作家・ブロガーとして活動中。脚本で受賞歴あり。
とりあえず毎日カレーが食えれば幸せです。 [詳細]

販売中書籍


社会人サークルを活用して、「大人のリア充」を!
Amazon Kindleで発売中!



sponsored link