30代!これから先も笑ってこう!

30代の皆様へ!副業で安定収入を確立しましょう。楽しみながら・誰でもできるものを厳選!その他、ペットや国内旅行、趣味の話なども。

週刊少年ジャンプ17号 感想とネタバレ

time 2017/03/28

週刊少年ジャンプ17号 感想とネタバレ

新連載がガッツリ6連続開始がひと段落して、少し落ち着いた感じのジャンプですね。

第2回の「ロボレーザービーム」も安定の面白さでした。ロボ君の家庭環境も少し垣間見えて親近感も沸きましたし、おそらくライバルになるであろう三浦鷹山との出会いも、もうすぐありそうですね。

勘違いで勝負を挑むっていう展開がワクワクします(笑)

さてそんな今週のジャンプですが、色々動いた回がありましたね!一番ギョッとしたのは・・・

sponsored link

急展開の「約束のネバーランド」

全く予想してなかった展開でした。前回までは何となく予想と同じ展開。

ノーマンがいなくなっても、エマとレイは脱獄をあきらめていないんだろう。じゃあどんな秘策を考えているのか?

その秘策が明かされたわけですが、まさかのレイが自分に火をかけてしまうとは・・・!

おそらくノーマンは生きてますよね。ママがノーマンとの別れ際「じゃあこの部屋で待っててちょうだいね」と去った後、ノーマンが何かを見つけて「これは・・・!」って感じで終わっています。

だからノーマンは生きてて、何らかの形でエマたちと再会するんだろうなぁと思っていました。

ノーマンが鬼側について、エマと敵対する感じになるのかな、そんでレイ・エマVSノーマンとの知能戦が始まって、最後には3人そろって良かったね!みたいな流れを考えていたんですが、まさかのレイが・・・

あの状況でレイが死んでいなかったら、「良かったね」とはなりません。「ええ、何この展開・・・」となってドン引いてしまいます。

だからレイは死んだんでしょう。

なんて自分で言ってから、まだこの展開に信じられない自分がいます。いや~、レイは生きてろよ~。。。

エマはこれからどうするのか・・・先が全く予想できなくなりました。

次回以降期待です!!

ただただ共感した「磯部磯兵衛物語」

面白いとかではないんですが。。。

花粉、辛いですよね。

僕の回りは花粉症の人が今はいなくて、辛さを共感できる人が少ないんです。花粉はつらいんだぞーーー!!と大声で叫びたい気分です。

だから、なんか今回の磯兵衛を読んで癒されました(笑)

だいぶ前ですが、「ピューと吹く!ジャガー」でも同じく花粉の辛さを描いた回があって、激しく共感したのを覚えています。

くしゃみではなく「おしゃみ」なるものに悩まされるジャガーさんの回でしたが、それと似たわけの分からない嬉しさを味わえた回でした。

ちなみに、「ジャガー おしゃみ」で検索したら画像がでてきましたので、興味のある方はご覧下さい。←すばらしいどうでもいい情報(笑)

 

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

川口進

川口進

文章が好きで、仕事しながら電子書籍作家・ブロガーとして活動中。脚本で受賞歴あり。
とりあえず毎日カレーが食えれば幸せです。 [詳細]

ブログサークル

販売中書籍


社会人サークルを活用して、「大人のリア充」を!
Amazon Kindleで発売中!



sponsored link