30代!これから先も笑ってこう!

30代サラリーマンが、おすすめの副業(サイドビジネス)を紹介します。楽しみながら・誰でもできるものを厳選!趣味とか動物の話なども。

副業のことがよく分かる!おすすめの本

time 2017/03/14

副業のことがよく分かる!おすすめの本

副業を始めようと思ってから、色々な書籍を買って勉強してきました。

やはり書籍は、お金を出して購入する必要がある分、ネット検索よりも色々なメリットがあります。

情報量が豊富で信頼できる

ネットで調べると、タダで情報が手に入ものの、情報の整理がされていなかったり、読み進めようとすると有料会員に登録するよう言われたり、色々な制約がある場合があります。

また昨日は、まとめサイトにあまりにもガセが多いと、こんなニュースもありました。

DeNAの謝罪会見、憤る被害者「賠償請求少なすぎ」「法的リスク甘く見過ぎ」 賠償の行方は?

昨年話題になった医療サイト「WELQ」も記憶に新しいですよね。

「肩の痛みや肩こりなどは、例えば動物霊などがエネルギーを搾取するために憑いた場合など、霊的なトラブルを抱えた方に起こりやすい」という、到底医療とは程遠い内容の記事が掲載され、話題になりました。ネットの情報は多いですが、玉石混交です。

それに比べて書籍は、作者と出版社は試行錯誤を重ねて、責任を持って世に送り出しています。

その内容は、しっかりと必要な順に整理され、情報量も豊富。読みやすく、また分かり易く説明されています。

本当に早く勉強したいと思うことは、書籍から学ぶのが良いと思っています。

場所を選ばない

僕は新幹線を使って長距離移動することが多いです。また飛行機もたまに使います。

そんなときの時間を勉強に当てられれば良いのですが、新幹線に乗ると通信環境が安定しません。特に九州新幹線はトンネルの中に入ると確実につながらなくなります。

飛行機なんかは完璧に使えないですよね。

書籍なら、言うまでもなくどこでも本を開くことができます。かさばるというデメリットはありますが、場所はどこでもノープレブレム!というアナログな点が、実は貴重だったりします。

「そこに存在する」というメリット

ここもアナログを良いと思わせてくれるポイントです。物理的に、本がある、本棚があるという点です。

書店の本棚を眺めると、ざっとタイトルを斜め読みしながらどんな本があるのかを見ていますよね。この検索スピードは、ネットよりも素早くどのようなコンテンツの情報があるかを調べることができます。

忙しいときでも5分くらい時間があればパッと本屋に入って、見ることはできますよね。このときの検索スピードは、ネット画面の比ではありません。

さらに、貸し借りができるのもポイント。

ネットの情報だったら、LINEやメールで「この記事面白いから見てみ」とリンクを送ることはできます。

しかし、物理的に本を渡すという行動のインパクトの比ではありません。忙しい人であれば、リンクを送ってもすぐには開かず、そのまま忘れてしまうこともあるでしょう。僕も何度もありました(笑)

しかし、本を借りるとそう簡単には忘れません。読まなければという思いもありますし、良い本を借りて持ち主へ返すときは、本当に深い感謝をもって返却できるものです。

それと、本棚は、あなたを表現する場にも自然になっています。知人の家に遊びに行って本棚を見ると、「この人こんなことに興味があったのかー」などと意外に思うことはありますよね?

このように、書籍には色々なメリットがあります。


前置きが長くなってしまいましたが、副業を始める上で参考にしてきた書籍をここで紹介させてもらいます!皆さんのお役に立てる本があれば嬉しいです。

sponsored link

1日1時間から稼ぐ 副業ライターのはじめ方

僕が副業を始めるに当たって、一番最初に購入した本です。

「リスクなし!初期投資なし!おこづかい稼ぎから商業出版まで書いて稼ぐ!は夢じゃない」という謳い文句に惹かれ、発売前から予約してしまいました(笑)

本当に書くだけで稼げるんだ!と感動したことをよく覚えており、今の副業の原点になっています。

この本からは、書いて稼ぐ副業にはどんな種類があるのか?なんというサイト、なんという運営会社なのか?どのくらいの時間でどのくらい稼げるのか?等を詳しく知ることができます。

僕は書いて稼ぐ副業をこのサイトで特に力を入れてお伝えしていますが、僕が文章作成が得意という理由だけではありません。

書くというのは、稼げる作業の中で最もハードルが低いからです。

ポイントサイトなども含めると難易度は別ですが、ポイントサイトでは忙しい方ならどんなに頑張っても月3000円前後でしょう。複数のサイトに登録すればもっと稼げるかもしれませんが、あまりに費用対効果と見合わず、ストレスにもつながります。

書くという作業なら、書くことが嫌いでなければそれほどストレスは溜まりません。タイトルのとおり、1日1時間程度でもいいですし、月に1万円以上は見込むこともできます。

例えば、文章を書き換える「リライト」と呼ばれる作業でしたら、安めの単価では1記事150円程度です。もし平日の作業で、5記事リライトできれば、

150円×5記事×20日=月収15000円となります。

土日を使ったり、もっと平日の作業を増やせば、もちろん収入は増えていきます。こう考えると、ワクワクしてきますよね!

ここが僕の副業を考える原点になりました。
1日1時間から稼ぐ副業ライターのはじめ方

あなたが輝く趣味起業のはじめかた

 

この本も、かなり初期に読みました。作者の戸田さんへネットからメッセージを送ったこともあります。

スキマ時間に趣味で収入を作れる起業・副業法を紹介した本です。

自分の趣味や好きなことを生かしたビジネスを起こす方法から始まり、ファン(顧客)の獲得方法、自分だけのオリジナル商品の作り方、リピーターを作り出して安定収入が得られるまでの方法を解説しています。

僕のブログでも、この書籍からヒントを得て作成している記事がいくつかあります。

「起業しましょう!」と言われて、まずしり込みするのが「自分は売れるものがない」「自分の技術や知識は教えられるレベルじゃない」という壁だと思います。

僕も同様です。ブログでは色々と「稼ぐ方法はあります!」とお伝えしていますが、僕にはまだ実績があまりありません。。。しかし吸収した知識は、お伝えできるものと思ってお伝えしています。

それと同じように、「誰でも商売にできる知識や技術はあります!」ということを教えてくれます。この書籍では「ぶさいくスタートの法則」と表現していますが、まさにその通り(笑)ぶさいくでも、アイディア次第で始めることはできます。

何もできない、と思い込んでしまっている方へのお勧め書籍です。
あなたが輝く趣味起業のはじめかた: 楽しみながらお金と幸せを引き寄せる!

 


1万円起業


その名の通り、1万円で起業ができる方法を紹介する本です。ベストセラーになっていたので、すでにご存知の方も多いのではないでしょうか?

内容は、先に紹介した趣味起業の本に似て、元手なしで始められる起業の紹介なのですが、切り口が違います。

儲かるアイディアを色々と紹介してくれます。

ネットが普及した現代、アイディアさえあれば1万円でも十分儲かる仕事を考えることはできる!と強く思わせてくれます。例として紹介されているのは

●音楽教室のスケジュールを管理サイトを作り、年収3600万円。

●結婚式だけの写真撮影で、年収900万円。

●電子書籍の執筆で、年収1200万円。

など。えええっ!?となりますよね。目からウロコとはこのことです(笑)

アイディア次第で夢を膨らませることもできるということを教えてくれる一冊です。

こちらのブログで内容を詳しく紹介されていますので、良かったらご覧下さい。
1万円起業 文庫版

完全ひとりビジネスを始めるための本

 

この本については、以前の記事で紹介しました。

ブログを書いて稼ぐ人、必見の書籍・「完全ひとりビジネスを始めるための本」!

詳細はこちらをご覧頂きたいのですが、昨年末に発売された新しい書籍で、しかも「完全」ひとりビジネスという点がポイントです。

今まで紹介した書籍の起業では、セルフブランディングが必須でした。しかしこの本で紹介するビジネスは、その辺を一切無視します(笑)

好きなことだけして、人付き合いもなく、稼げる方法を紹介しています。切り口が面白いですよね。

完全ひとりビジネスを始めるための本 自宅にこもったまま安定して稼ぎたい!

 

sponsored link

down

コメントする




川口進

川口進

川口進プロフィール

こんにちわ!川口進です。
会社員のかたわら、楽しみながら無理なくできる副業を模索しています。しばらく東京にいましたが、転勤で関西へ来ました(^^) 

●出 身:神奈川県
●現住所:大阪府大阪市
●特技:文章
 電子書籍を販売中!
●好き:歴史・ラーメン・ゲーム
●趣味:映画・旅行
●ペット:セキセイインコ

ご訪問ありがとうございます♪
突然ですが、皆さんの収入は将来的に見ても安定していますか?
僕は年齢的な平均年収からはだいぶ少なく、今後も大きく増える見通しはありません。
そこで一昨年くらいから副業を考えるようになってきました。元々文章が好きでしたので、電子書籍をいくつか執筆しています。しかし元来の飽きっぽい性格からか、今のところ大きな収入UPはできていません。。。
これはまずい!ということで、本腰入れて取り組んでいきます。

検索



sponsored link