サウンドマーケターのブログ

サウンドに秘められた未知の可能性を引き出す、音の広告代理店

電子媒体の文章は読みやすさを意識して書く!

time 2018/07/22

電子媒体の文章は読みやすさを意識して書く!

今回は、読みやすい電子書籍やスマホ小説の書き方をお伝えしていきます。これはブログの書き方も同じだと思います。

電子書籍やスマホ小説を読んだことがありますでしょうか?

特にスマホ小説と、一般の本屋で売られているような小説を比べると、大きな違いがあります。

電子媒体の場合、難しい言葉や美辞麗句をあまり使っていないことです。

sponsored link

電子書籍を書くときは分かりやすい言葉で!

スマホ小説であれば、台本で言う「ト書き」のような、簡単な状況説明の文章ばかりで、あえて細かな場面設定などはしません。
理由は二つあります。
読者が自分自身に置き換えて物語を楽しむことができるということ。
それと、細かな設定で長文にしてしまうと、それだけで読み辛くなるからです。

電子書籍でも、それは同じです。
電子書籍で一般の本と同じテーマを扱っているものも多いですが、難しい言葉やきれいな言葉を使っている書籍は多くないはずです。
単純に、読み辛いからです。

電子媒体での書籍を作るときは、この「読みやすさ」を意識してください。

読みやすさとは?

読みやすさと言うのは、ポイントがいくつかあります。

①行間を多く空ける

1つの文章で改行することも読みやすさにつながります。何行もつながっていると、それを読むだけで疲れてしまいます。

空白を多くする、またはイラストを入れる等で、一瞬でも頭の休憩時間を作ります。

②回りくどい言葉や難解な意味の文章は避ける

現実的で分かりやすさを重視して文章を書いて下さい。

電子媒体は、紙と違ってスマホなどの小さい画面で読まれている方も、少なくありません。そういう方々は、メールには慣れていますが、書籍を読むことには慣れていない方がほとんどです。
慣れていたとしても、細かい文字を追っていくわけですので、理解するのも一苦労です。
疲れると、続きを読もうという気が薄れてしまいます。

電子媒体の恐ろしさは、1度興味が薄れると、なかなかそれが戻ってこないことにあります。
実物の本であれば、一度買えば手元にありますので、そのうち読もうという気も起きます。

しかし電子媒体ですと、最悪の場合買ったことすら忘れてしまいます。
次から次へと新しいものが出版されており、それをダウンロードしていくからです。

中身もさることながら、読みやすさも考えて文章を作ってくださいね!

次回は、電子書籍の魅力をさらに深くお伝えします!

sponsored link

down

コメントする