サウンドマーケター・眞山健幸のブログ

サウンドに秘められた未知の可能性を引き出す、音の広告代理店

なぜ、ニッチでもない音声でのビジネスなのか?

time 2018/08/26

なぜ、ニッチでもない音声でのビジネスなのか?

どんも、マヤマです。

今日もブログをご覧頂き、ありがとうございます。←いつになく丁寧なのは、特に意味はありませんw

この記事では、主に自己紹介から、なぜ音声ビジネスなどというあまりにマイナーなビジネスを発想したのか?という点についてお話ししていこうと思います。

これから副業とか、週末起業しようという方も多いかもしれません。むしろ、されるべきだと思います。

でも、何で起業しよう?まず引っ掛かるのはここだと思います。

「副業」だとか「起業」だとかで検索すると、あまりに怪しいキーワードがヒットしませんか?

「ワンクリックで月に○万円稼げます!」とか。

僕はこういう類のビジネスに手を出したことはないので、この謳い文句に否定も肯定もしません。

でも一つ確かに言えることは、簡単に稼げる方法があったとしても、自分の成長にはつながらない。

何かトラブルが起こったとき、根元がしっかりしていない稼ぎ方はすぐに倒れて終わり。ということです。

sponsored link

マヤマってどんな人?

なんか、重い書き出しから入ってしまいましたが、まずはかんたんに僕の自己紹介をさせて頂きたいと思います。

  • 35歳、会社員。今は愛知にいますが、関東の人間です。
  • B型。マイペース。気づかいが苦手。空気読めない。でも周りと調和するように努めてます。
  • 2年前に結婚しました。
  • 特技は小説とか、物語を書くこと。昨年Web小説のコンクールに応募して、入賞。
  • 30半ばにして、週刊少年ジャンプを愛読。お勧めは「約束のネバーランド」。過去にはデスノート。ナルトとかも好きだけど、死と隣合わせのハラハラする展開が好き。
  • 動物好き。モルモット飼ってた。
  • 歴史好き。三国志・新選組・司馬遼太郎のファン。
  • カレーライス死ぬほど好き。もうやんカレーって知ってますか?
  • 納豆嫌い。

週末起業を考えたキッカケ

そんな僕ですが、今の職場で働き始めて10年。今のところ収入があまりにも少ないということはありませんが、職場の将来性を考えると、将来を考えると不安はぬぐえなくなります。

それに、今の仕事が好きか?と聞かれると、ハッキリと「YES」と答えられません。このまま定年を迎えると想像すると、自問自答してしまうんです。これでいいのか?と。

心も体も兼健康な今の内に、自分の力で、しかも自分の特技を生かして収入を得る手段を確立しておきたい。これは願望ではなく、もはや不可避なことになっていました。

最初に副業を考える

最初に考えたのは副業です。文章が好きな僕は、手軽に始められるブログで稼ごうと思いました。

でもこれが、なかなか成果が上がりません。ブログは効果が表れるのが遅く、最低でも100記事以上必要ということは知っていたのですが、原因は他にありました。

書いていて楽しくなかったんです。PV数が稼げそうなネタばかり見つけて記事にしていたので、いつのまにか数字ばかり追うようになっていました。気づいたらせっかく立ち上げたブログは放置状態。よくあるパターンにはまっていったんです。

週末起業との出会い

そんなときに出会ったのが、週末起業です。

週末起業とは、副業とは違って起業。自分のビジネスを持つことです。その週末起業を紹介した本の中び、こう書かれていたんです。

「好きなことに、趣味の延長のように取り組みましょう。お金が儲かるとか儲からない以前に、それ自体が楽しければいいじゃないですか。やって楽しいということが、最大の報酬だと考えることもできます」

この文章に、だよね!!と大きくうなづいたわけです。

起業するなら好きなこと!すなわち音声ビジネス!

好きなことを見つけるために始めたのは、自分の棚卸です。

A4用紙4枚にわたって自己分析を徹底的に行いました。脳に汗をかくとは、まさにこのことwそして見えてきたのが、サウンドビジネスという選択肢でした。

すなわち、ポッドキャストを始めとしたネットラジオや音声媒体でのマーケティングです。かなりニッチですよね?ポッドキャストを知らない方も、まだたくさんいらっしゃると思います。しかし、そこにチャンスがあると、マヤマは踏みました。

音声媒体の良さはいくつもあります。

  • 素人でも番組を作れること
  • 手軽に配信できること
  • 顔出ししなくて済むこと
  • ネット上にアップしておけば、検索キーワードからの集客が何年にもわたってできること
  • 効果の検証も可能になってきたこと

これらの理由から、始めてみようと考えるようになってきました。

これから起業する方へ

天職という言葉があります。意味を調べると、「その人の天性に最も合った職業」と出てきます。副業でも週末起業でも、はたまた独立起業する方へも、この天職をぜひ探して欲しいと思います。

儲かるから、という理由だけでは起業しない方が無難です。儲かるから、に加えて「得意だから」とか「好きだから」という理由も、ぜひ加えて下さい。そうしなと長く続けられませんし、何か壁に当たったときに、すぐに潰れてしまいます。僕の副業を通して、こんな教訓を得られました。

天職を見つけるためにも、自分の棚卸はぜひ取り組んでくださいね!

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

眞山健幸

眞山健幸

専門学校卒業後、シナリオライター養成所に通って脚本を学ぶ。その後、会社員の傍ら2010年にボイスドラマ制作サークルを立ち上げ、10作品を世に送り出す。2014年に転勤のためサークル活動から離れるが、web小説を執筆しコンクールで入賞するなど、創作活動は続けていた。2018年に創作活動への想いから、週末起業を考案した。
とりあえず毎日カレーが食えれば幸せな、単純なオッサン。 [詳細]

販売中電子書籍

アーカイブ