サウンドマーケター・眞山健幸のブログ

サウンドに秘められた未知の可能性を引き出す、音の広告代理店

ビジネスに答えはない、自分で見つけるものだ

time 2018/08/16

ビジネスに答えはない、自分で見つけるものだ

どうもです!

しばらくブログをお休みしていましたが、週末起業家・サウンドマーケターと名乗って、再始動することになりました。どんな活動をしていくかは、おいおい詳細に書かせてもらいます。

今回はそれから初めての記事になります。名前が変わっただけなのに、なぜか気持ちが高ぶって、手に汗握っている自分がいるw

ムダにブルブルブル…今夜は眠れるのか…!?

というのもですね、週末起業を始めるに当たって、一人で始めるのは危ないと思い、コンサルをされている起業家さんにメールを出したりして、色々とご教授頂いてたんです。その中で、ある二人のコンサルタントの方に出会ったんですが、面白いことに同じことを言っているのに、考え方は真逆だったんです。

そして、それがビジネスの面白さなんだな~と気づいてしまった。というのが今現在なわけです。

ちょっと前まで、稼ぐためにはどうするこうすると考えていたことが、はるかに次元が低く思えてしまうほど、お二人とのやり取りは勉強になるものでした。

sponsored link

ゴールは同じ、しかし主張は真逆

最初にコンタクトをとったのは、名古屋の起業家Aさん。高単価の商品を作ってのビジネスを売りに、成功された方のようでした。

その方のコンサルの内容をうかがうと、非常に理にかなったフォローを継続的にして頂けるのが分かりました。しかし、最後の文章でノックアウト。

入塾料、めっさ高い。。。

そりゃあ高単価のビジネスを教えてくれるわけだもん、その方の商材ももちろん高単価だよねぇ。。。

週末起業を考えていたので、入塾料の高さと、高単価商材を作ろうという主張には「?」が浮かび、結局もう一人の起業家さんに相談してみることにしました。

その方は大阪在住のBさんと言い、勿論起業して成功している方ですが、主張は真逆。

世の中情報も商材もあふれている。それにこだわるよりも、自分の価値を高めることと、信用を得ることから始めるべき、との考えでした。価値を高めるとは勉強だけでなく、とにかく自分も周りも面白いと思うことをして発信する。そして「この人おもろいし、仕事はしっかりしてるから依頼してみるか」と思ってくださる方と出会うことが大切で、マーケティングやらブランディングやらは必要ない、とのことでした。

僕としては、このBさんの主張の方がしっくりきました。しかし、それだけでもだめだよなぁと思うんです。

よく考えて出した結論は、Bさんの考えをメインに据えつつ、Aさんの意見も一部取り入れるべきではないかとのことでした。

ビジネスに答えはない

二人のコンサルタントさんはこのように、真逆の主張をしていましたが、唯一同じことを教えてくださったことがあります。それは「ビジネスに答えはない」ということ。

副業と起業の大きな差は、誰かがノウハウを提供してくれることではないということです。

週末起業とはいえ、起業するからには、いろんな分析をしなければいけない。そして、トライ&エラーを繰り返すしかない。二人は共通してそう教えてくれました。

答えは自分で出すしかない

コンサルを受けてから、脳に汗かくほど考えました。同じくらいたくさん情報を集めました。考えて考えて考えて、ようやくたどり着いた答えが、「創作活動を通じて経済と心を豊かにしていきたい」という自分の経営理念でした。

この辺りのことは、プロフィールに詳しくまとめました。

 これから起業を考える方へ

僕のように、週末起業なりお店を開くなり、これから独立を考えていらっしゃる方はたくさんいると思います。

とにかく考えて下さい。何ができるのか、何が好きなのか、何が社会的ニーズがあるのか。この辺を組み合わせて自分の棚卸していくと、何か見つかると思いますよ!

「よく分からないけど稼げるみたいだから…」とか、軽い気持ちでは絶対い始めないでくださいね。途中で続くなくなるのがオチですw

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

眞山健幸

眞山健幸

専門学校卒業後、シナリオライター養成所に通って脚本を学ぶ。その後、会社員の傍ら2010年にボイスドラマ制作サークルを立ち上げ、10作品を世に送り出す。2014年に転勤のためサークル活動から離れるが、web小説を執筆しコンクールで入賞するなど、創作活動は続けていた。2018年に創作活動への想いから、週末起業を考案した。
とりあえず毎日カレーが食えれば幸せな、単純なオッサン。 [詳細]

販売中電子書籍

アーカイブ